履歴書に書けるコミュニケーション資格おすすめ10選|比較と選び方

履歴書に書けるコミュニケーション資格おすすめ
この記事の筆者
運営者

当サイトの運営者、そんみぃです

私自身、コミュニケーションスキルを身につけることでさまざまな変化がありました。私が取得したコミュニケーション資格を含め、おすすめの資格をまとめて紹介します。
>> 運営者情報はこちら


金額などは2022年7月時点の内容ですので、最新情報は各公式サイトでご確認ください。

「わざわざ資格を取る必要があるの?」と思う方もいるかもしれません。

コミュニケーション能力は、就活・転職においてもっとも重視されやすい部分

例えば熊本日日新聞社と地方経済総合研究所の共同調査「2021年度新卒者採用に関する動向調査(PDF)」によると、87.3%の企業が重視していることがわかります。

新卒者採用の際に重視すること
出典:2021年度新卒者採用に関する動向調査(PDF)
案内人

他社が行なった同様の調査でも、コミュニケーション能力の重要性が証明されているんです。

しかし、企業側が面接だけでコミュニケーション能力を判断することは、正直難しいのが現状…。

そこで役立つのが資格であり、一定のコミュニケーションスキルがあることを証明できる方法です。

案内人

履歴書を見て、企業側も判断しやすくなります。

この記事では、履歴書に書けるおすすめのコミュニケーション資格を10種類ピックアップしました。

基礎から学べる資格専門的な資格に分けて紹介しますので、自分に合ったものを見つけてみましょう。

案内人

どれも難易度は低めなので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

どっちから読む?
読みたいところへジャンプ
タップできる目次

履歴書に書けるコミュニケーション資格の選び方

コミュニケーション資格を選ぶときは、自分が取得する目的を明確にしておきましょう。

  • 履歴書に書ける資格が必要なだけ
  • 仕事で活かしていきたい
案内人

最初にこの部分を明確にしておかないと、どのレベルの資格を選べばいいのかわからなくなってしまいます。

コミュニケーション資格は、主催者によって学べる内容が大きく異なるのが特徴です。

「絶対にこれがいい!」というものはないので、自分が興味のある学びができるかを比較して見極める必要があります。

特に以下の点が大きく異なるため、選ぶときにチェックしてみましょう。

  1. 取得方法(通信講座・Zoom・独学)
  2. 学べるスキル
  3. 試験の有無

せっかく資格を取得するなら、”履歴書に書くため”だけで簡単なものを選ぶのは正直もったいないです。

案内人

資格選びで悩む方は、資格選びで悩む方へのおすすめから選んでみてくださいね!

基礎から学べるコミュニケーション資格おすすめ6選

コミュニケーション資格おすすめ6選

職種を問わず履歴書に書けて、基礎から学べるコミュニケーション資格を紹介します。

取得する資格によって、ビジネススキルとしても大きく活かせるのがメリットです。

  • 通信講座
  • ZOOMでの直接指導
  • 独学

当サイトでは、さまざまな方法で取得できるコミュニケーション資格をピックアップしました。

案内人

各講座の特徴を理解しておきましょう。

おすすめ資格一覧

1:伝え方コミュニケーション検定

履歴書への
書き方
JLCA認定 伝え方コミュニケーション検定〇級
主催一般社団法人 日本ライフコミュニケーション協会
費用
(税込)
初級:13,200円
中級:33,000円
※受験料・認定証込み
追加費用不要
受講期間初級:3か月
中級:6か月
学習方法テキスト
動画
※中級はZoomへの参加も可能
試験方法Web受験
試験日時いつでも受験可能
合格基準80点以上
認定証あり
公式サイト初級 中級
伝え方コミュニケーション検定の特徴
  • 性格統計学をもとにした検定
  • 「相手に響く言葉の選び方」について学べる
  • 実践的な学習で仕事に役立つ
  • 自分自身について知るきっかけになる
  • うまく言葉が伝わらなかった理由に気付ける

  1. 実践向けなので基礎知識の習得はやや少なめ
  2. ビジネススキルとして活かすなら中級がいい

伝え方コミュニケーション検定は、相手に適した伝え方を学べる検定です。

ほかのコミュニケーション資格とは観点が異なるので、ビジネススキルとして役立てるならかなりおすすめ!

16年間のべ12万人の対人コミュニケーションの統計データを体系化した、性格統計学をもとにつくられました。

  • 何度言っても相手に伝わらない
  • 無意識に相手を怒らせてしまった
  • 苦手な人と話すのが苦痛

自分が言われて嬉しい言葉、やる気になる言葉が、相手も同じとは限りません

案内人

その違いを知り、人間関係のトラブル回避に役立つのがこの資格です。

私自身も初級と中級を取得していますが、仕事に活かすなら中級がおすすめ

伝え方コミュニケーション検定中級の合格証書
中級の合格証書

特に営業職を希望する方、保育士や看護師などの人と密接に関わる仕事を希望する方は、伝え方のスキルを身につけることで仕事がやりやすくなります。

取得して損はない資格です。

案内人

この資格をとおして、今まで人間関係でうまくいかなかった理由に気付けました。

中級では、希望者はZoomによるオンラインフォロー講座に参加できます。

ほかの受講生の意見などを聞けるいい機会なので、とても楽しくて勉強になる時間です。

案内人

男女問わずさまざまな年代の方がいて、誰でも参加しやすくなっています。

私が伝え方コミュニケーション検定の初級・中級を受けた感想は、以下の記事に詳しくまとめています。

案内人

興味のある方はぜひ読んでみてください。

公式サイトはこちら

※中級は上のタブを切り替えてご確認ください

\ 悩んだら初級からの受講がおすすめ /

初級検定を詳しく見てみる

※初級・中級は申し込みページが異なります

2:コミュニケーション検定

履歴書への
書き方
ACPA認定 コミュニケーション検定〇級
主催サーティファイ・コミュニケーション能力認定委員会
費用
(税込)
初級:2,800円
上級:4,700円
追加費用
(税込)
初級テキスト:1,870円
上級テキスト:2,145円
受講期間
学習方法テキスト
試験方法Web受験
Web面接
団体受験
試験日時指定された日時に受験
合格基準初級:知識試験65%以上
上級:知識試験65%以上かつ面接試験評価3以上
認定証あり
公式サイト詳しくはこちら
コミュニケーション検定の特徴
  • コミュニケーションの基礎が学べる
  • 聞く力と話す力が身につく
  • クレーム対応などの応用力が身につく
  • 徹底された環境でのWeb受験
  • 上級は面接によって評価される

  1. 学習方法はテキストのみ
  2. パソコンとスマートフォンの両方が必要
  3. 試験の日時が決まっている

コミュニケーション検定は、コミュニケーションの基礎と応用が学べる検定です。

  • 来客応対
  • 電話応対
  • 営業
  • クレーム対応 など

仕事で役立つ実践的なスキルを身につけられます。

聞く力と話す力の両方を身につけられるので、「とにかくコミュニケーションが苦手!」という方にもおすすめ。

ただし、専用テキストを「ウイネット」というサイトから購入し、独学で学ぶ必要があります。
>> テキストの購入はこちら

案内人

学習方法がテキストのみなので、継続した学習が大切です。

コミュニケーション検定の受験は、「デュアルカメラ方式によるリモートWebテスト」で行われます。

パソコンとスマートフォンを使用し、2つのカメラと3つのAIによるチェックで不正を見抜く仕組みです。

試験のために準備するものや、多くの注意事項があります。

案内人

少し面倒ですが、その分信頼できる資格として評価されています。

なお、インターネット環境が整っていない自宅では受験できません。

注意事項などをきちんと読んでおきましょう。

公式サイトはこちら

\ 基礎と応用が学べる資格 /

詳しく見てみる

3:JCAAコミュニケーション能力認定講座

履歴書への
書き方
JCAA認定 コミュニケーション能力 〇級認定資格
主催日本コミュニケーション能力認定協会
費用
(税込)
2級:31,900円
準1級:55,000円
1級:63,250円
追加費用不要
受講期間
学習方法テキスト
Zoom
会場
試験方法
試験日時
合格基準講座修了者に認定証を発行
※1級は認定試験あり
認定証あり
公式サイト詳しくはこちら
JCAAコミュニケーション能力認定講座の特徴
  • 2級と準1級は試験不要
  • 職場で即戦力になれる
  • 講義とゲームを取り入れた実践的な講座
  • 2級は1日で取得できる

  1. 講座の開催日が決まっている
  2. ビジネススキルとして活かすなら準1級がいい

JCAAコミュニケーション能力認定講座は、会場またはZoomでのオンライン形式で実践的に学べる講座です。

2級と準1級は講座を最後まで受講することで認定証をもらえるため、試験を受けなくていいのが取得しやすいポイント。

ただし、講座での取り組み姿勢や習得の状況を講師が確認するため、積極的に参加する姿勢が大切です。

案内人

ほかの参加者とのグループワークもあるので、きちんと取り組みましょう。

各級の違いは以下のとおりです。

2級

主に1対1のコミュニケーションと基本スキル。初級にあたる内容。

準1級

即戦力になる、企業などでのコミュニケーション力。中級にあたる内容。

1級

リーダーやマネージャーなど、指導する立場の方にとっての必須レベル。上級にあたる内容。

ビジネスとして活用するなら準1級を目指したいところですが、少し費用が高いのが難点。

しかし、職場で即戦力を目指せるほどのスキルを2日間で取得できるのは大きなメリットです。

公式サイトはこちら

\ 仕事で活かすなら準1級を目指そう /

詳しく見てみる

4:コミュニケーション能力資格取得講座

履歴書への
書き方
内閣総理大臣認証NPO認定 コミュニケーション能力 〇級認定資格
主催日本コミュニケーショントレーナー協会
費用
(税込)
2級:2,000円
1級:11,000円
追加費用不要
受講期間
学習方法Zoom
試験方法
試験日時
合格基準講座修了者に認定証を発行
認定証あり
公式サイト詳しくはこちら
コミュニケーション能力資格取得講座の特徴
  • 試験不要で取得できる
  • 1日の受講で取得できる
  • 聞き方・伝え方の基礎を学べる
  • グループワークを取り入れた実践的な講座

  1. 講座の開催日が決まっている
  2. 応用的な学習が少ない

コミュニケーション能力資格取得講座は、コミュニケーションの基礎や信頼関係を築くテクニックを学べる講座です。

Zoomでのオンライン形式で、グループワークなどを交えながら学習を進めます。

案内人

初心者向けで、きちんと受講すれば認定証を発行してもらえるのが特徴です。

日本コミュニケーション協会ではさまざまなコミュニケーション資格を取り扱っているため、応用的な部分は用途に合わせて受講する必要があります。

  • コミュニケーション技能検定
  • コミュニケーション心理学
  • 管理職向けコミュニケーション研修 など
案内人

基礎的な学習が中心なので、仕事に活かしたい方には物足りなさがあるかもしれません。

公式サイトはこちら

\ 初心者向けの基礎的な学習 /

詳しく見てみる

5:話し方・伝え方スペシャリスト

履歴書への
書き方
JADP認定 話し方・伝え方スペシャリスト資格
主催一般財団法人 日本能力開発推進協会
費用
(税込)
49,600円
※キャンペーンによる変動あり
追加費用
(税込)
受験料:5,600円
添削問題の郵送費
受講期間3か月
学習方法テキスト
DVD(希望者)
試験方法在宅受験
試験日時いつでも受験可能
合格基準70%以上
認定証あり
公式サイト詳しくはこちら
話し方・伝え方スペシャリストの特徴
  • 伝わる話し方を学べる
  • DVDでしぐさや表情を学べる
  • メールや文書の書き方も学べる
  • 3回の添削問題付き
  • 確認問題で復習できる

  1. 受講と試験で費用がかかる
  2. 実践的な学習はできない

話し方・伝え方スペシャリストは、資格のキャリカレで受講できる通信講座です。

司会歴20年以上のプロが監修した教材を使用し、添削指導で理解度を確認しながらコミュニケーション力を身につけられます。

話し方だけでなく、ビジネスメールや文書の書き方まで学べるため、仕事で活用しやすいのがメリット。

案内人

ほかの資格に比べて費用がかかりますが、充実したテキストを使用して自分のペースで学べるのが特徴です。

なお、DVD教材は希望者に無料配布しています。

受講申し込みフォームの備考欄に「DVD希望」と記載する必要があるのでご注意ください。

案内人

表情を豊かにするためのトレーニング方法も視聴できます。

キャリカレは無料で資料請求できるので、まずはどのような学習ができるのか確認してから決めるのもありです。

さまざまなキャンペーンも行っているため、定価よりも安く受講できることもあります。

案内人

私もキャリカレで受講したことがありますが、テキストがとても見やすくて良かったです。

\ 悩んだら無料資料請求から /

詳しく見てみる

6:コミュニケーションスキルスペシャリスト

履歴書への
書き方
JAFA認定 コミュニケーションスキルスペシャリスト資格
主催一般財団法人 日本能力教育促進協会
費用
(税込)
学び放題:月額3,980円
個別購入:34,100円
追加費用
(税込)
不要
受講期間制限なし
学習方法Web教材
試験方法Web受験
試験日時いつでも受験可能
合格基準80%以上
認定証あり
公式サイト詳しくはこちら
コミュニケーションスペシャリストの特徴
  • 知識と技術が幅広く身につく
  • サブスクで気軽に学べる
  • スマホ1台で好きなときに学べる

  1. 紙としてテキストが残らない
  2. 実践的な学習はできない
  3. 具体的な学習内容がわからない

コミュニケーションスペシャリストは、formie(フォーミー) で受講できる通信講座です。

学び放題の月額プランであれば、初回の7日間は980円で受講できます。

40種類以上の講座をサブスクで受講できるのがformieの特徴。

案内人

TVや雑誌で紹介され、著名人も多数受講しています。

なお、formieはWeb教材を使用した学習になるため、紙としてテキストを残したい方は自分で印刷する必要があります。

公式サイトでは受講内容について詳しい記載がないため、どのような学習ができるのか事前に確認できないのはデメリットになる部分。

案内人

資格によって学べる内容が異なるからこそ、事前にカリキュラムがわかれば嬉しいですね。

\ スマホ1台で資格が取れる /

詳しく見てみる

【条件で比較】資格選びで悩む方へのおすすめ

基礎的なコミュニケーション資格は、学べる内容が類似しているものも多いです。

しかしそれぞれ料金に差があるように、学習の範囲や特徴が異なります。

資格選びで後悔しないためには、取得する目的を明確にして、比較しながら選ぶことが大切。

案内人

いくつかの条件で比較し、おすすめの資格を紹介します。

比較ポイント

自分のペースで勉強したいなら通信講座

スクロールできます
資格名費用
(税込)
学習方法試験方法
伝え方コミュニケーション初級 13,200円テキスト
動画
Web受験
伝え方コミュニケーション中級 33,000円テキスト
動画
Zoom
Web受験
話し方・伝え方スペシャリスト講座:49,600円
受験料:5,600円
テキスト
DVD
在宅受験
コミュニケーションスキルスペシャリスト 学び放題:月額3,980円
個別購入:34,100円
Web教材Web受験
通信講座で取得できる資格

講座の受講から試験まで、自分のペースで資格を取得したい方は通信講座がおすすめ

案内人

コミュニケーションが苦手な人でも、抵抗なく受講できます。

どの講座も試験の難易度は高くありません。

各講座の特徴をざっくりまとめると、以下のとおりです。

資格名特徴
伝え方コミュニケーション初級 ・最短1日で取得可能
・動画での学習がメイン
伝え方コミュニケーション中級 ・最短1日で取得可能
・動画での学習がメイン
・Zoomでのフォロー講座がある(希望者)
話し方・伝え方スペシャリスト・添削指導がある
・テキストで復習しやすい
コミュニケーションスキルスペシャリスト ・スマホ1台でサクッと学べる
・費用の負担が少ない

個人的にもっともおすすめなのは、私自身も取得した「伝え方コミュニケーション中級 」。

新しい発見がとても多く、すぐに活用できる実践的な学習ができました。

案内人

今まで人間関係でうまくいかなかった理由がわかります!

資料請求をしてから受講できるのは、キャリカレが提供する「話し方・伝え方スペシャリスト」だけです。

少し費用がかかりますが、見やすくてずっと使えるテキストがあり、添削課題で理解度を高められます。

反対に、とにかく手軽に学習したい方には、formieが提供する「コミュニケーションスキルスペシャリスト 」がおすすめです。

案内人

すべて特徴が異なるので、じっくり比較してみてください。

サクッと資格がほしいなら直接指導

スクロールできます
資格名費用
(税込)
試験方法
JCAAコミュニケーション能力認定講座2級:31,900円
準1級:55,000円
1級:63,250円
講座修了者に認定証を発行
※1級は認定試験あり
コミュニケーション能力資格取得講座2級:2,000円
1級:11,000円
講座修了者に認定証を発行
直接指導で取得できる資格

とくかく簡単に資格を取得したい方は、Zoomで実践的に学べる直接指導型の講座がよいでしょう。

決められた日時に講座に参加し、積極的にワークショップなどを行うことで、試験不要で資格を取得できます。

ただし、学習態度が悪い場合は注意されることもあるようです。

コミュニケーションが苦手な方は、少し勇気を振り絞る必要があります。

仕事で活かせる応用的な学習がしたいなら、「JCAAコミュニケーション能力認定講座 準1級」がおすすめです。

費用を抑えたいなら独学

スクロールできます
資格名費用
(税込)
追加費用
(税込)
伝え方コミュニケーション検定
初級 中級
初級:13,200円
中級:33,000円
不要
コミュニケーション検定初級:2,800円
上級:4,700円
テキスト
初級:1,870円
上級:2,145円
JCAAコミュニケーション能力認定講座2級:31,900円
準1級:55,000円
1級:63,250円
不要
コミュニケーション能力資格取得講座2級:2,000円
1級:11,000円
不要
話し方・伝え方スペシャリスト講座:49,600円
受験料:5,600円
添削問題の郵送費
コミュニケーションスキルスペシャリスト 学び放題:月額3,980円
個別購入:34,100円
不要
各資格講座の費用

資格取得にかかる費用を抑えたい方は、テキストを購入して独学で学ぶ「コミュニケーション検定」がおすすめ。

ほかの資格よりも試験の難易度が若干高いですが、取得しやすい資格です。

個人が受験できる日時が決まっているため、それに合わせて勉強を進めなくてはいけないのが少し難点。

案内人

でもその分実力を試せるため、とても価値のある資格です。

すぐに資格がほしいなら「伝え方コミュニケーション初級」

履歴書に書ける資格が少しでも早くほしいのであれば、140分の動画の視聴で資格取得を目指せる「伝え方コミュニケーション初級 」が最短です。

試験も簡単ですが、自分自身と向き合い、新たな発見がある講座なので決して無駄な資格にはなりません。

もし初級で学んで興味をもてれば、そのまま中級に挑戦してみるのもよいでしょう。

案内人

中級には初級の内容も含まれるため、差額で受講できます。

>> 公式サイトで詳しく見てみる

実力を試したいなら「コミュニケーション検定」

コミュニケーション検定」は在宅での試験となりますが、厳重な管理のもとで行われます。

上級になると面接試験もあるため、自分の実力を試したい方におすすめ。

応用的な学習も多いので、すぐに仕事で実践しやすいのがポイントです。

1年間でかなり多くの方が挑戦していますが、難易度は低めで、合格率85%以上となってます。

案内人

面接試験まで受けていれば、仕事でも自信がつきますね。

>> 公式サイトで詳しく見てみる

ワンランク上のスキルを身につけるなら「伝え方コミュニケーション中級」

伝え方コミュニケーション中級 」は、一般的なコミュニケーション力を高める学習とは異なります。

人は性格タイプによって響く言葉と響かない言葉があり、相手に響く伝え方スキルを身につけられる資格です。

案内人

私はこの資格を取得して、人間関係がとてもラクになりました。

例えば自分が仕事でミスをし、かなりネガティブな状態になっているとします。

そこに同僚が来て、「大丈夫だよ!元気出して!」と笑顔で声をかけてくれました。

その言葉を聞いて、どんな気持ちになりますか?

伝え方によって響く人と響かない人がいる

「大丈夫だよ!元気出して!」が響く人は、ネガティブな気分が晴れてやる気アップにつながるかもしれません。

しかし響かない人にとっては、「そんなに簡単に言わないで!」と、逆にプレッシャーやストレスに感じてしまう可能性があるのです。

案内人

そのような言葉の使い分けを学べるのがこの資格です!

このスキルを身につけることで、相手のタイプを見極め、伝え方を変えられるようになります。

>> 公式サイトで詳しく見てみる

仕事で活かすなら「2資格取得」がおすすめ

私は「伝え方コミュニケーション中級 」を取得して、自分の中でかなり大きな変化がありました。

だからこそおすすめしていますが、「コミュニケーション検定」や「JCAAコミュニケーション能力認定講座」でコミュニケーションの基礎を学ぶことも大切かなと感じています。

私のおすすめは、伝え方コミュニケーション検定コミュニケーション検定の両方を取得すること。

この2つを組み合わせれば、基礎も応用もできて、人によって伝え方を変えられます。

案内人

将来的に出世や独立を目指す方にもメリットが大きいです。

専門的なコミュニケーション資格4選

専門的なコミュニケーション資格4選

就活や転職で評価されたいのであれば、仕事に適した専門的なコミュニケーション資格もおすすめです。

人と密接に関わる職業であるほど、有利なスキルとして評価されるでしょう。

案内人

ここでは、履歴書に書ける4種類の専門資格をピックアップしました。

1:ケア・コミュニケーション検定

ケア・コミュニケーション検定は、医療や介護など、ケアの現場に特化したコミュニケーション資格です。

被援助者と良好な関係を築くためのコミュニケーション力や、症状に応じたコミュニケーション力などを身につけられます。

コミュニケーション検定と同じ団体が主催しており、独学で学ぶ必要がある検定です。

不正ができない環境のもと、決められた日時に試験を行います。

>> 公式サイトで詳しく見てみる

2:医療コミュニケーションアドバイザー

医療コミュニケーションアドバイザーは、一般社団法人 日本医療コミュニケーション協会が主宰する資格講座。

医療現場のコミュニケーションを引っ張っていけるような、人材育成を目的とした資格です。

3種類のコースに分かれており、Zoomを使用して講座を行います。

  • ベーシックコース
  • アドバンスコース
  • マスターコース

>> 公式サイトで詳しく見てみる

3:発達障害コミュニケーション指導者認定

発達障害コミュニケーション指導者認定は、発達障害に関する専門知識と関わり方を学ぶ講座です。

  • 初級指導者
  • 中級指導者
  • 上級指導者

3段階の資格が用意されており、支援職員のレベルアップを目的としています。

Zoomで講座を行い、レポートの提出が必要です。

>> 公式サイトで詳しく見てみる

4:管理職向けコミュニケーション研修

管理職向けコミュニケーション研修は、初めて部下をもった方、部下との関係を良好にしたい方に向けた研修です。

資格ではありませんが、転職時に「管理職向けコミュニケーション研修 修了」と記載することで、スキルをアピールできます。

この研修の主催者は、コミュニケーション能力資格取得講座と同じ団体です。

講座はZoomを使用し、日本コミュニケーショントレーナー協会の代表理事が、自らトレーナーを務めます。

>> 公式サイトで詳しく見てみる

まとめ:面接までに将来のビジョンを考えておこう

コミュニケーション資格は生涯役立つスキルです。

できれば履歴書に書くために資格を取得するのではなく、職場でどのように活かしていきたいのか、面接時に将来のビジョンを答えられるようにしておきましょう。

具体的な目標がなかったとしても、コミュニケーション資格があることでアピールしやすくなります。

アピール例

  • 聞き方・話し方のスキルを身につけ、日常生活で実践している
  • いずれは指導者として、部下の自己肯定感を高めていきたい
  • 性格タイプを見極めて伝え方を変えられるので、商談で活かしたい

コミュニケーション資格は、どの分野の職業でも活かせるスキルです。

案内人

面接時に重要視される現代だからこそ、一生使えるスキルを身につけておきましょう。

ここからシェアできます
タップできる目次