【日本化粧品検定1級】独学で合格したワーママの体験談|独自インタビュー

この記事の筆者
ねね

当サイトの運営者、ねねです!

ちょっぴり資格マニアなライターです。気になる資格をピックアップし、合格者へのインタビューを行いました。ぜひ学習方法などを参考にしてみてください。
>> 運営者情報はこちら


日本化粧品検定1級

一般社団法人である日本化粧品検定協会が主催する検定。
化粧品の成分まで理解し、化粧品の専門家としての知識を身につけられます。
コスメ関係の仕事に役立たせたい方に適した資格です。

合格率が約7割弱である「日本化粧品検定1級」

この数字から、誰でも簡単に取得できるような資格ではないことが分かります。

そこで!

当サイトでは、「日本化粧品検定1級」の合格者に、合格するまでの体験談をインタビューしました!

とても詳しくインタビューに答えてもらったので、実際に合格した体験談や口コミを知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

特に、子育てや仕事をしながらこの資格取得を目指している方の参考になると思います。

案内人

ちなみに私は無料で受けられる3級に合格していますが、3級でも結構難しくて苦戦しました…。

目次

「日本化粧品検定1級」合格までの体験談

今回お話を聞いたのは、こじかさんです。

こじかさん

【こじかさんについて】

  • 性別:女性
  • 年代:30代
  • 子供:2人
  • 現在の仕事:事務の在宅ワーカー
  • 過去に美容部員として勤務していた実績有り
案内人

こじかさん、よろしくお願いします!

こじか

よろしくお願いします!

1.資格取得を目指した理由

なぜ「日本化粧品検定」の資格を取得しようと思ったのですか?

長年美容部員として働いてきた実績はあるものの、それを証明するものを持っていなかったので、今まで培った知識を形に残したいと思い、受験を決断しました。

案内人

1級と2級両方受験したんですか?

こじか

いえ、1級だけ受験しました。

案内人

それはなぜですか?

こじか

2級のテキストと問題集も持っていたけど、2級の内容は美容部員時代に培った知識でほぼ解けたんです。同時受験も可能だったけど、受験費用が高くなってしまうので断念しました。

2.勉強方法

どんな方法で勉強しましたか?

日本化粧品検定のテキストと問題集を購入して自力で勉強しました。
まずは何もテキストを読まずに問題に取り組み、間違った部分や認識のあやふやな部分を徹底して覚えました。
その後は、テキストを最後まで読んでまた問題を解く。間違った部分を重点的に復習するを繰り返しました。

案内人

とても効率のいいやり方ですね!
2級の受験はしなくても、1級の受験範囲に2級の内容も含まれるんですよね?

こじか

そうなんです。1級は2級の内容も網羅していないと合格できません。

こじかさんが実際に使用していたテキストの写真をお借りしました。

こじかさんが使用していたテキスト

「美容とコスメに関する情報がたくさんつまっている」というテキストは、日本化粧品検定を受けない方でも色々勉強になりそうな1冊ですね!

案内人

ちなみに、ユーキャンの通信講座でも日本化粧品検定の合格を目的とした「コスメ検定(日本化粧品検定)講座」というものがありますが、それは知っていましたか?

こじか

名前は知っていました。でも、ある程度の美容知識をもともと持っている方には必要ないと思います。

案内人

なるほど!

こじか

でも、一から日本化粧品検定の取得を目指す方であれば魅力的な講座だと思います。分からないところに関して質問ができるという点もいいですね!

日本化粧品検定に向けた勉強方法はいくつかあり、別のページにまとめています。

3.勉強していたときの状況

勉強していた時の自分自身の状況を教えてください。

子供は5歳と4歳の頃で、週4日でパート勤務をしていました。

案内人

子供もまだ幼いし、すべて両立させるのはきっとすごく大変でしたよね…。

こじか

はい。疲れて何もできない日も多々ありました。

4.勉強時間の確保

どうやって勉強時間を確保していましたか?

子供たちが寝たあとに1時間ほど勉強したり、パートが休みの日に集中して勉強しました。

案内人

お休みの日も頑張っていたんですね。

こじか

はい。時間の確保はとても大変でした。

案内人

目標のために努力していたんですね。同じ主婦として尊敬します!

5.勉強した期間

受験をするまで、どのくらいの期間勉強しましたか?

約2か月間勉強をして受験に挑みました。

案内人

2か月間!?
そんなに短期間で合格はすごいですね!ある程度知識があったからでしょうか?

こじか

そうですね。それはかなり大きいと思います!

6.大変だったことや苦労したこと

大変だったことや苦労したことがあったら教えてください。

コンスタントに勉強できなくて大変でした。
当時は仕事に行きながら家事・育児をしつつ、その合間に勉強をしていたので、疲れて勉強できないことが多々ありました。
仕事が休みの日に集中してできたとしても、また数日空いてちょっと忘れてしまってやり直し…。その繰り返しでした。

案内人

かなりハードでしたね…。疲れていると記憶力もなくなりますよね。

こじか

そうなんです。年齢とともに記憶力が低下しているのもあって、覚えるのが大変でした…。

案内人

年齢的な部分では、私もかなり共感です…。

7.どうやって乗り越えたか

では、それをどうやって乗り越えましたか?

できるときは集中して取り組み、検定に出やすいポイントや間違えやすい部分をノートに書いて隙間時間で見返すようにしていました。

案内人

隙間時間の有効活用は素晴らしいですね!

こじか

正直、うまく乗り越えられていたのかは分かりませんが、日々の生活でできることを頑張りました!

8.合格したときの気持ち

合格が分かったときはどんな気持ちでしたか?

今までの自分の経験やスキルが形になったことが、とても嬉しかったです!
長年美容部員をやってきて、そこで培ったものを証明として残せて達成感がありました。

案内人

本当におめでとうございます!
たくさん努力して頑張ったうえでの合格はとても嬉しいですよね!

こじか

ありがとうございます!
合格が分かってホッとしました。

「日本化粧品検定1級」合格後の目標

今後その資格をどうやって活かしていきたいか、これからの目標についても聞いてみました。

1.資格をどのように活かしていきたいか

「日本化粧品検定1級」の資格を、これからどのように活かしていきたいですか?

オンラインでスキンケアアドバイスやメイクアドバイスをしてみたいです。
個人的にすでに何名かの方に無料でアドバイスをさせてもらったことはあるのですが、とても喜んでもらえました。これをいつか生業にしたいと思っています。

案内人

それはすごくいいですね!
私もそうですが、間違った知識で適当になってしまっている部分が多いので…。

こじか

お金をいただいてやる以上、良いサービスを目指したいので、ゆっくりじっくり準備していこうと思っています。

案内人

その際はぜひよろしくお願いします!

2.他に目指している資格や次の目標

他にも目指している資格や、次の目標はありますか?

コスメコンシェルジュはぜひ取ってみたいです!せっかく1級を取得できたので、近いうちに挑戦してみようと思っています。
そして、化粧品成分検定にも挑戦してみたいです。
自分に向いているか分かりませんが、美容系のライターも気になっています。

案内人

向上心がすばらしいです!

こじか

より専門的な知識が必要になるから難しいと思うけど、頑張って挑戦してみようと思っています!

案内人

仕事と子育ての両立も大変だと思いますが、無理なく目標に向かって頑張れるといいですね。応援しています!

こじか

自分の好きなことを勉強するのは楽しいので、諦めずに頑張りたいです!

案内人

美容に関する知識が豊富なこじかさんなので、ライターとしても素敵な美容記事が書けると思います!ぜひその知識をたくさんの方に広めてほしいです!

これから資格取得を目指す方へ

これから「日本化粧品検定」の資格取得を目指す方に向けて、合格者であるこじかさんからアドバイスをいただきました。

受験を考えている方は要チェックです!

1.試験の難易度

実際に受験したときの難易度はどのくらいでしたか?

1級は美容部員経験者でもちょっと難しいかな…という印象でした。でも、基礎知識がある分理解はしやすかったので、合格の手ごたえは感じていました。
まったく知識がない状態から勉強する方は、肌の構造など理科で習うような内容であったり、成分などを丸暗記しないといけません。大変な部分も多いかと思いますが、テキストがイラスト入りでとても分かりやすいので、しっかり読み込んでいけば大丈夫だと思います。

案内人

ちなみに、こじかさんが利用したのは公式テキストになります。

2.試験に向けての対策

どんな対策をしておくといいですか?おすすめの勉強法があったら教えてください。

過去問題が公表されていないので、試験問題の対策をとるのが難しかったです。
公式の問題集は何度やっても合格ラインをとれるレベルまでやり込み、テキストに記載の「検定のポイント」を集中的に暗記するといいと思います。私はそれで合格しました。

案内人

公式の問題集は公式サイトでしか購入することができませんのでご注意ください。

>> 公式サイトはこちら

3.試験当日の心構え

試験当日はどのような心構えが必要だと思いますか?

試験会場は受験する方にしか知らされず、私が受験したときは行ったことのない大学で開催されました。試験会場は全国どこでもあるわけではありません。大都市圏(札幌・仙台・東京・静岡・名古屋・京都・大阪・福岡など)では大体毎回開催されますが、それ以外の地域は特別開催となります。
毎回開催地が変わるので、受験しようと思うときに住んでいる県での開催がなかった場合、県外に行かなくてはいけないので移動が大変になるかと思います。知らない場所へ行くと思いのほか時間がかかるので、時間に余裕をもって行動することをおすすめします。
また、お子さんがいる方は、前もって面倒を見てくれる方としっかり連携をとって当日出かけやすいように準備をしっかりとしておくことが大切です。

案内人

初めて行く土地だと迷ってしまう可能性もありますよね…。

こじか

そうですね。なので、前もってしっかり場所や行き方を確認しておくことが大切です。

案内人

実際こじかさんは会場に早めに着くようにしましたか?

こじか

はい。早めに会場に入り、不安なカテゴリーを中心にしっかりテキストを読み返すなどしていました。

案内人

試験前にそういった時間があるだけで、気持ちも落ち着きそうですね!

4.資格取得を目指す方へのメッセージ

最後に、これから「化粧品検定」を目指して頑張る方へのメッセージをお願いします!

化粧品検定の範囲はとても広いので、初めて勉強を始める方は大変だと思います。その分、肌や髪や身体のことに詳しく学ぶことができ、「自分の肌ならどんな化粧品がいいのかな?」と自分でしっかり選べるようにもなります。
自分磨きにもつながるので、「資格取得=自分もキレイになれる」と一石二鳥です!
「コスメが好き」ということがキッカケで資格取得を目指す方が大半だと思うので、検定を通してもっとコスメを好きになること間違いなしです!

こじか

ぜひ頑張ってくださいね!

こじかさんの運営ブログ

今回インタビューに応じてくれたこじかさんのブログはこちら!

案内人

こじかさん、本当にありがとうございました!

ここからシェアできます
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる