【WEBライター検定3級】合格率5%以下の試験に合格した私の体験談と口コミ

WEBライター検定3級(合格までの体験談)
この記事の筆者
ねね

当サイトの運営者、ねねです!

2020年12月、「WEBライター検定3級」に4回目で合格しました。現在はWebライターとして活動しています。私が苦戦して受験した合格体験談をまとめました。


WEBライター検定3級

株式会社Gliese(グリーゼ)監修で作られたライティングテスト。
Croud Works(クラウドワークス)にて、何度でも無料で受験ができます。
Webライターに必要な知識を身につけることを目標とした検定です。

WEBライター検定3級は、クラウドワークスに登録さえしていれば誰でも無料で受験できます。

Webライターの仕事に興味がある方はもちろん、文章を書くスキルを身につけたい方におすすめできる検定です。

でもこの検定は、合格率5%以下の高難度検定と言われています…。

私の合格体験談をまとめたので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

こんな方におすすめの検定です!

  • Webライターの仕事に興味がある
  • Webライターとしてのスキルを身につけたい
  • 文章を書く仕事をしている
  • 正しい文章を書けるようにしたい
  • 無料だからぜひ挑戦してみたい
案内人

3級は誰でも受験可能ですが、1級・2級は有料です。

公式サイトはこちら>> クラウドワークス
※ 会員登録は無料です!

目次

「WEBライター検定3級」概要

WEBライター検定3級の概要は以下のとおりです。

受験方法 Web受験
出題形式 マーク方式
試験時間 制限なし
問題数 50問
合格基準 不明
受験料 無料
再受験 14日経過後に可能

合格基準は不明ですが、今まで4回受験した印象だと、結構高い合格基準が設定されているように思えます。

9割以上くらいの合格基準があるのではないでしょうか?

そして、不合格になってしまうと14日間経過しないと再受験ができません。

慎重に見直しをしながら受験することをおすすめします!

「WEBライター検定3級」難易度

WEBライター検定3級(合格)

冒頭でも書きましたが、この検定は合格率5%以下の高難度検定です。

「無料」で気軽に受けられることで、事前学習をせずに受ける方が多いから、このような合格率になったのではないかと感じました。

この検定には無料の講義動画までしっかり用意されているのですが、最初の2回は私も軽い気持ちで受けてしまったため、動画を一切観ていません…。

とはいえ、動画をしっかり観ても結構難しい検定です。

しっかり講義動画で学習してから受験しましょう。

案内人

3回目は講義動画を観てから受験しましたが、勉強不足で不合格でした…。

「WEBライター検定3級」受験までの流れ

WEBライター検定3級は、クラウドワークスの公式サイトから受験できます。

\ 公式サイトはこちら /

会員登録は無料です!

クラウドワークスへ会員登録後、プロフィール編集のページを表示します。

その中に「スキル登録・スキル検定」という項目があるので、それを選択してください。

WEBライター検定3級(受験)

表示された1番下のほうに「スキル検定」の項目があります。

「ほかのスキル検定を受験する」というボタンから、受験ページに進みましょう。

WEBライター検定3級(受験)

これが「スキル検定」のページです。

クラウドワークススキル検定

ここから「WEBライター検定3級」を受験できます。

WEBライター検定3級

すぐに受験可能ですが、それだとなかなか合格が難しいでしょう。

講義動画が準備されているので、ライティングについてしっかり学んでからの受験がおすすめです。

WEBライター検定3級(受験)

動画は以下のような内容で、結構がっつり学ぶことができます。

  • YouTube限定公開動画
  • 動画本数全27本
  • ほとんど3分~10分程度の動画(20分弱の動画も有り)

講義動画も無料なので、これだけ観てもかなりメリットが大きいです!

動画では分かりやすい例文を見て学び、自分で与えられた課題に取り組みながら学習を進められます。

正直、無料とは思えない内容です!

案内人

ここまで学習できるとは思っていませんでした。

「WEBライター検定3級」合格までの流れ

問題数は全部で50問、マーク方式での回答となります。

制限時間はありません。

合否が表示される瞬間はかなりドキドキします…。

WEBライター検定3級(不合格)

4回目でしっかりと動画の内容をノートにまとめながら学習し、やっと合格できました!

WEBライター検定3級(合格)
案内人

それでも結構苦戦して合格した感じです…。

ちなみにこの検定は、合格証書の発行がありません。

合格後にメールが届くこともありません。

クラウドワークスのマイページに、合格実績として表示が追加されます。

WEBライター検定3級(合格)

そのため、合格した証明を残したいのであれば、受験後に「合格」と表示された画面をスクショして残しておくことをおすすめします!

クラウドワークス内の検定ではありますが、それ以外でライター活動をする際にも役立つ資格です。

「WEBライター検定3級」再受験について

無料で受験できる検定ではありますが、不合格になった場合は14日間再受験することができません。

さすがに14日間期間が空いてしまうと、せっかく学んだ内容も忘れてしまいます。

私自身、その点に結構苦戦しました…。

真剣に合格したいのであれば、再受験にならないように頑張りましょう!

公式サイトはこちら>> クラウドワークス
※ 会員登録は無料です!

受講後に感じたメリットとデメリット

メリットとデメリット

「WEBライター検定3級」に合格して感じたメリットとデメリットについてまとめました。

メリット

  • 無料で受験できる
  • 講義動画が本格的で役立つ
  • ライティングスキルが身につく
  • 例文があるから分かりやすい
  • 合格するまで何度でも挑戦できる

この検定は、無料で受講&受験できるという点が1番のメリットです!

3級と聞くと難易度が低いイメージですが、全然そんなことはありません。

講義動画を観るだけでもかなり知識が身につきます。

1本1本の動画が長くないので、気になる内容の動画をすぐに見返せるという点も学びやすいポイントでした。

案内人

おすすめ度はかなり高いです!

デメリット

  • 合格率5%以下で難しい
  • 不合格になると14日間再受験できない
  • 合格証書がないので、資格をアピールしにくい

安易な気持ちで講義動画を観ないで受けた場合、合格は難しいでしょう。

合格率が低いのはそういった方が多いことが原因だと思います。

また、不合格だった場合はすぐに再受験することができません。

本気で合格したい方は、合格率に惑わされずしっかり学習してから挑みましょう。

なお、検定に合格したという証明になるものは発行されません。

このスキルはさまざまな場所で役立つ資格になると思うので、合格した証明が残るように、合格が表示された画面のスクショを残しておくことをおすすめします!

案内人

日常生活での文章力もアップできる検定でした!

気になるポイントQ&A

ここでは、「WEBライター検定3級」に関しての情報をQ&A形式でまとめました。

受験前にチェックしておきましょう。

この資格はどんな人に適しているの?

Webライターとして活動したい方はもちろん、普段の文章力をアップさせたい方にも適しています。

本当に無料なの?

はい、無料です。ただし、クラウドワークスへの登録が必要になります。

合格率はどのくらい?

合格率5%以下の高難度検定と言われています。

不合格の場合、再受験はできるの?

無料で再受験することが可能です。その場合、14日間が経過してから受験できます。

資格を取得したら仕事につながるの?

Webライターとしての仕事を探すうえで有利になります。本格的に目指すのであれば、2級へ挑戦することでさらに仕事につながりやすくなります。

知識がない人はどのくらいで取得できるの?

真剣に取り組めば、一発合格することも可能です。講義動画を観るだけではなく、メモを取りながらまとめていくことをおすすめします。

受講して良かったことは?

Webライターとして本格的に仕事をするうえで、間違っていた知識を正すことができました。思っていた以上に理解できていないことだらけで、正しい日本語の使い方も学ぶことができたのは大きなメリットです。

Webライターとして最低限必要な知識を身につけたいなら挑戦してみよう

パソコンとスマホと筆記用具

Webライターとしての知識を身につけられるうえに、無料で受験できるWEBライター検定3級はとてもおすすめです。

数多くの動画を無料で視聴できるだけでもかなり価値があります!

すでにWebライターとして仕事をしている方でも、知識を再確認するために受験してみましょう。

もちろんWebライターではない方にも役立つ内容なので、気になる方はぜひ挑戦してみることをおすすめします!

案内人

今まで間違っていた知識を正すことができ、とても勉強になることばかりでした!

\ 公式サイトはこちら /

会員登録は無料です!

ここからシェアできます
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる